ネコ型オートマトン

王様の耳はロバの耳。

パフォーマンスの暴走、あるいは孤立する韓国

日韓関係がいよいよ危なくなってきた。それどころか米韓もわからなくなってきた。私はここ一ヶ月ほどの日本の方針は米国政府に話を通してあったのだろうと見ていたのだが、流石に日米の「韓国外し」は無いだろうと思っていた。それが日韓GSOMIAの破棄で潮目が変わった感じがする。ひょっとすると日米のみならず中露も加わって、韓国、というより朝鮮半島に関するある合意のようなものが形成されているのだろうか――と思わなくもないが、流石にそれは妄想の類いだろう。

 

ただ、米軍は、韓国撤退を現実的にあり得ると考えて動いているかもしれない。もしそうなれば、米国の対中防衛戦略上、台湾が大きな意味を持ってくる。F16の売却もそういった一環だろうかなどとも思う。日本も憲法九条がどうだなどと安閑としていられなくなるだろう。もっとも、現在だってそれほど平穏ではないのだが。

 

文在寅大統領という人は子女を海外に留学させていて、そのうちのひとりの留学先は日本の大学だそうだ。彼は国内外で親北朝鮮派として認知されているが、必ずしも反米反日という訳ではないのかもしれない。よく知られているように、韓国の反日運動は国内政治の都合であることが多く、有体に言えば大統領の人気取りパフォーマンスであることが多い。文大統領もその慣例に従って経済政策の失敗を挽回しようとしたのだろうが、どうも制御不能になりかけている印象を受ける。あるいは、既に制御不能で暴走しているのかもしれない。

 

朝鮮半島は場所が場所だけに古来から難しい立場に幾度も置かれてきた。突っ張らなければたちまち周辺に呑み込まれてしまいかねないという事情も理解できる。だが、突っ張りすぎて内側から国が敗れては元も子も無い。韓国政府にはどうか冷静な舵取りをしてもらいたいものだ。

平和教育が嫌いである

いわゆる平和教育というのが嫌いである。平和が嫌いだというのではなく、平和を愛し願っていればそれだけで平和になるとでも言いたげな教育方針が嫌いなのである。平和を愛する心というのは平和のための必要条件ではあるが十分条件ではない。平和について知り、愛する気持ちが無ければ平和な世界を目指そうという気概も起きないだろうから、そういう精神を教え込むのは決して無駄ではない。が、その先、具体的にどのように平和な世界を目指すかを考えさせる教育をしなければ、それは充分とは言えない。

 

もっとも、これは私の個人的な体験に基づいた感情だから、他の地域だとか、あるいは最近はもっとましになっているのかもしれない。この時期になるとNHKで太平洋戦争の特番をやるのがお約束になっているが、その内容も年を経るごとに少しずつ変わっている。敗因や、そもそもなぜ戦争に突入してしまったのかを分析し、考察して、反省と教訓を得ようとするものも増えてきた。そういう流れが主流に、もっと言えば中学校教育の現場でも実践されていれば良いと思う。

 

平和教育のおかげで太平洋戦争は国の責任、民衆はただただ被害者だと思っている人も多いが、満州事変からこっち、戦争拡大は当時の世論だった。新聞が煽ったせいだという人もいるが、消費者からの評判が良くなければ、新聞だってそんなことを継続的に書いたりはしない。ソ連の工作もあったとはいえ、あの戦争の責任は当時の大衆自身にあったと言っても過言ではない。

 

無論、当時も戦争に反対した人はいた。政府や軍部の中だけではなく、市井にも彼我の国力差を冷静に見極めて、勝てるはずがないと考える人もいた。だが、ほとんどの国民はそうではなかった。それで、世論が開戦を後押ししてしまった。だからこそ、ひとりでも多くの国民に「正しく平和を求められる」教育が必要なのだ。「平和を愛する」感情だけを支えにするのでは、反対側にも簡単に煽動されてしまう。実際、マスコミに煽られるだけでそれが正義だと思い込んでしまう人は想像以上に多い。最近で言えば2009年の民主党政権誕生などはその好例だろう。

 

幸か不幸か最近はマスコミの影響力がかつてに比べて弱くなってきて、あれだけのバッシングにも関わらず現政権を打倒することはできていない。しかし、それに代わってネットでは様々な怪しげな言説が大手を振るっている。形を変えただけで、むしろ煽動される危険性は潜在的には増しているとさえも言える。国民ひとりひとりが冷静に判断して国を正しくコントロールできてこそ、真の平和国家を築くことができる。そのために、合理的な平和教育が推進されることを望むし、最近の学校教育がそのように改善されていることを願っている。

日本の選挙は案外バランスが取れていると思った

参議院選挙が終了した。投票率は過去最低に近いものだったそうだが、全体として結果はバランスの取れたものになっていると感じた。個人的には:

 

  1. 与党で改選議席過半数を取った一方、自民党単独過半数にはならなかったこと
  2. 改憲勢力と見られている日本維新も議席を伸ばしたが、改憲勢力全体で2/3に届かなかったこと
  3. 旧来の野党勢力の低迷と新興諸派の躍進

 

といった辺りが目に付いた。野党支持者だとまた違った印象になるかもしれない。ともあれ国民の審判としては、概ね現政権の継続を望むが必ずしも自民党を強く支持している訳ではなく、憲法改正については慎重な態度を示している、といった感じに総括できるだろうか。有権者ひんしゅくを買った候補者たちがしっかり落選していたり、政府の対応がおざなりな印象のある地域で野党候補が勝利していた辺りも興味深かった。

 

特に鮮烈だったのは3番で、詳しい分析が出てくるのはこれからなのだろうが、東京選挙区などでは立民支持層の票がれ新候補に流れていたようだ。比例で山本太郎氏に入った票の大多数もおそらく既存野党支持層からのものだろう。彼らの多くはもはや既存野党を支持してすらいないかもしれない。ネットを眺めていると、反自民のうち特に若年層が山本太郎氏支持に回っている印象があり、私などからすれば氏の主張や手法はかつての政権交代前の旧民主党と同様に見えてならないのだが、彼らの目にはとにかく現状を変えてくれる希望のように映っているのかもしれない。政権与党はもとより、既存野党勢力はこの事実をしっかりと受け止めた方が良いように思う。近い将来に「とりあえず一度やらせてみよう」などとならないことを祈るばかりだ。

 

N国についてはちょっと現段階ではどう評価したものか正直よくわからない。地方議会ではそこそこ議席を持っているという話であるし、NHK受信料制度がよほど嫌われているということなのだろうか。N国以外にもNHKスクランブル放送化論者は時折見かけるが、NHKは国営でも民営でもない公共放送という位置付けであってこそ意義があるので、たとえ国会に議席を持っても全面スクランブル化は無理があるのではないか。とはいえ、受信料の徴収方法や方針には改善の余地が大きいと思うので、池田信夫氏などが主張されているように、ニュース報道はこれまで通り、それ以外のコンテンツは受信契約者のみのスクランブルというように、攻め方次第では面白いことになるかもしれない。NHKのコンテンツ力はテレビ業界では随一なので、実際のところ大幅に契約者数が減少するということも無かろう。

SNSユーザーから某巨大掲示板ユーザーに戻りつつある今日この頃

インターネットの普及が本格的に始まったのが1995年頃で、私が使い始めたのが1997年だから、日本におけるインターネット商用利用の歴史を私は体感してきたと言ってもそれほど責められることは無いと思う。近頃はインターネット老人会という語があり、私にしても老人よろしく「2000年前後のネットは良かった」などと言ったり思ったりすることもしばしばだが、実際あの頃のネットはある程度のスキルやリテラシーが無ければ使えないものだったから、利用者の数も質も程よくて、本当に居心地が良かった。

 

何が良かったと言って、ネット上に自分の意見――意見でなく小説でも絵でも写真でも何でも良いが、とにかく何かを公開しようと思っても、現在のようにTwitterに投稿すれば済むような手軽なものではなかったのが良かった。あの頃はHTMLを覚えて個人ホームページを作らなければ何も始まらなかった。それでいて、HTMLを覚えさえすれば世界に向けて自分が何かを発信できるという強い解放感が実に甘美だった。当時もネットを閲覧するだけというユーザーはいたが、HTMLが目に一丁字も無い人の割合は今よりずっと少なかっただろう。やがてCGIによるBBSやチャットが普及して、言葉をネットに放流するハードルが下がり、その傾向はどんどん強まって、ブログが登場し、SNSが登場し、どんどん便利になっていった。書いていたら当時のワクワクした感じを思い出したが、あの頃のネットユーザーで、現在のネットの惨状を予想できた人がどれほどいただろうか。

 

日本のネットの歴史で外せないのが、長らく「2ちゃんねる」として親しまれ、今なお「5ちゃんねる」として存続している巨大掲示板サービスである。先行する同様のサービスは既に存在していたが(というよりそこから独立したのが2ちゃんねるだったが)、ネットに言説を公開することのハードルを著しく下げ、コアからカジュアルまであらゆる階層のユーザーが集結したサービスは、私の知る限り日本ではこれが初だったのではないかと思う。ある意味でSNS的なサービスのはしりとも言えるが、IDが固定ではないのでSNSではない。とにかくそういった場であったからユーザーのリテラシーもまちまちで、大小問わず様々な事件や問題が多発したのはご存知の通りである。ただ、そういった事件は初期よりは発展期以降、ユーザーが大量に流入するようになってからだったと思う。

 

2ちゃんねるのようなサービスは日本にだけあった訳ではないので、ここから発想して、ユーザーIDが固定の交流サービス、すなわちSNSが出てくるのは自然な流れであったろう。個人とIDがしっかり紐付いたサービスによって、ネットはよりしっかりとした世界になるに違いないと当時は思われたものだが、その現状はご覧の通りだ。いったいどこに間違いがあったのかとときどき考え込んでしまう。要するにリテラシーの高いユーザーの比率というのはいつの時代も一定で、人類の大多数には、自分の思考が世界中に拡散するというのがどういうことかを想像する能力が備わっていないのかもしれない、などと考えてしまう。SNSにしても、どのサービスも初期は比較的ずっと平和だった。問題が頻発するようになったのはユーザー数が激増してからだ。2ちゃんねると同じ歩みを辿っている訳だ。

 

ただ、SNSが一般に普及したことで、個人的には良いこともあった。5ちゃんねるから程よくユーザーが間引きされたことである。一種の伝統として妙な言い回しや口の悪さが残ってはいるものの、SNSのタイムラインよりずっと平和で安らげる感じがする。ネットでも現実でも、一番不気味で恐ろしいのは、結局は一般大衆だということなのだろうか。

感情と前近代的論理

ten-navi.com

ここで描かれているかつての「帰りの会」が事実かどうかはちょっと眉唾ものだが、今年で41歳の私にはまるでその光景がありありと浮かぶような、そんな生々しさを持っている。そういうこともクラスによってはあっただろうな、と思えた。多かれ少なかれ似たような経験が私自身にもあるし、飲み会などで子供の頃の話になって帰りの会に話題がいくと、大抵は同じような経験があちこちから苦笑交じりに飛び出してくる。真偽はともかく、帰りの会の「反省会」で正しさが暴走しやすいというのは、共通認識と言って良い。

 

子供というのは未熟なもので、感情の赴くままに動く。多少論理的に見えてもそれは乏しい知識に基づいているので、よくて前近代的な論理でしかない。だから、大人が考えるような議論や反省などは望むべくもない。小学校の帰りの会で正しさが暴走するのは当たり前なのだ。その辺を諭す能力があると自覚している教師でなければ、本来うかつにそういうものを開催すべきではない。

 

それなら、大人の方が多いはずのSNSが、帰りの会になぞらえられて妙にしっくりくるのはなぜだろうか。それは、大人のほとんどもまた、感情の赴くままに動いているからだ。「正しさの反対側にあるのは別の正しさ」だということを理解するにはある程度の論理的思考が必要で、直感的には理解しにくい。個人にとっては「正しさと正しくなさ」しか存在しないからだ。一般大衆がこぞって利用している現在のSNSが「帰りの会」と化しているのはその辺に原因があるのだろう。議論が「正しさと正しくなさの対立」だと思っている人間がこの世には多すぎる。Twitterは人類には早すぎたという冗談を時折見かけるが、あながち冗談でもない。

 

それでも、人々が声を上げやすくなったこと自体は良いことだと思える。というより、思いたい。埋もれていた声や見逃されていた視点が表出することによって世界が良い方向に向かうなら、それは歴史的なことだ。だからこそSNSの現状は残念でならないのだ。

 

この状況を打開するには、ユーザーひとりひとりがもっと賢くなるしかないのだろう。個人的には、最近よく見かける、疑わしいと思ったら罰して良いとか、その罰は自分たちで与えて良いだとか、モダンな法体系と真っ向から対立する前近代的な考え方だけでもやめてほしい。左様な考え方を止めるだけでも議論は成立しやすくなるし、その先にある目的達成だってぐっと近くなる。主張する側にとってもそれはメリットとなるはずなのだが、まあ難しいのだろうな。

 

こういう理屈を感情に変換して伝える手法が、何か無いものだろうか。

物を書くということなど

自分は何かを発信するのにあまり向いていない気がときどきする。本が好きで、つまり文章や様々なコンテンツが好きなので、書籍はもちろんブログやネットの記事などもよく読みふける。そうしてあれこれ考えるのが好きだし、ときには何も考えず、知識や知恵や情報を頭に入れたことにただただ満足感を感じるのも好きだ。それからすぐにブログなり何なりとしてアウトプットする類いの人とは違い、私はせいぜい妻と話をするくらいで満足してしまう。それで、何かを発信するのに自分はあまり向いていないのかな、と考えてしまうときがある。

 

十代や二十代の頃はそうでも無かったように思うのだが、実際今よりもずっとたくさんの文章を書いていたのだが、いろいろと経験を積み、また学んだりしてきた挙句、私がちょっと考えた程度のことは少し世間を探せば同じようなものが見付かるように感じて、気後れしてしまうようになったのだろうか。まあそんなことを言っても仕方が無い、あるならあったで多少違う部分もあろうというくらいの気持ちで書くくらいが良いのかもしれない。そのうち気にならなくなる日も来ようというものだ。

チームのストレスといったものを初めて経験している気がする

誰かの足を引っ張って忸怩たる思いをするとか、逆に誰かが足を引っ張るせいで苦杯をなめるとか、そういったチームならではのストレスに煩わされた経験が、私には皆無に等しい。学生時代は競技性の無い文化系クラブにばかり所属していたし、仕事もフリーランスのような形でやっているからだ。大抵は家に妻と二人で居て、それぞれパソコンに向かって仕事をしたり、あるいは別のことをして生きていると、なかなかそういう経験をしうる機会に恵まれない。

 

それでという訳ではないが、四月頃から、任天堂の『スプラトゥーン2』を毎日少しずつ遊んでいる。これは四人ずつふたつのチームに分かれてインクで地面を塗り合うオンライン対戦ゲームで、制限時間内により多く塗れたチームの勝ちという明快なルールが人気を博し、eスポーツの一競技として見る向きもある。ざっくり言えばチームスポーツの一種であって、もう少し言えば、私が初めて経験するチームスポーツである。

 

チームスポーツであるから、うまいプレイヤーもいれば、私のようにヘタなプレイヤーもいる。また少しずつとはいえ毎日やっていれば多少上達もするもので、私から見ても立ち回りの粗いプレイヤーというのもいる。スプラトゥーン2にはナワバリバトルとガチマッチという大きく分けて二種類のオンライン対戦があるが、ナワバリバトルと比較するとガチマッチではプレイヤーの巧拙が特に際立つ。そしてそれが勝ち負けに直結する上、かなり明確な形で決着がつくため、どうしても勝負意識が強くなる。要するに負けると大変なストレスを感じる。このストレスは概ね、冒頭に掲げた、足を引っ張ってしまったことや足を引っ張られたことに起因するもので、とにかく「思うように動けなかった」ことに強い憤りを感じる。

 

まあこればかりは頑張って上達するしかないので、妻に愛想を尽かされない範囲で努力を重ねようと思う。いつかウデマエSに辿り着いたら、今のことを懐かしく思い出したり、あるいは右往左往する新米イカを温かく見守ることができるようになるだろうか。

 

逆に、勝つと実にこの上ない愉悦を感じることができ、どちらも私にとっては初めて経験するものだ。勝利の美酒は敗北の味を知らなければ本当には楽しめないのだろう。なるほどチームスポーツというのも良いものだなと思う。

 

世に出て行く人間で、私同様に学生時代にチームならではのストレスを経験しなかった人は相当数いるのではないだろうか。そういう人が、社会に出て、就職し、会社というチームの中で急にかようなストレスにさらされたら、それはショックだろうなと思う。学生時代にチームスポーツを部活などで経験する意義があるとしたら、その辺にあるのかもしれない。